年末ブログ企画ボックスシェローの社長にインタビュー第3弾

こんにちは、環境生活MDの佐藤です♪

ライダーに愛されて10年!
カッコ良く、セキュリティー度の高いバイクガレージの製作に全財産をつぎ込んでしまった、
ボックスシェロー」の社長にインタビュー★の年末ブログ企画第3弾です。

シェロー社長とバイク①

インタビュー第1弾では、いちライダーとして冬の過ごし方を、
(冬は冬での醍醐味と、贅沢なお正月バケーションのお話でした)

インタビュー第2弾では、社長のバックグラウンドを伺いました。
(リッチから一転、財布の中身は数百円!マンガのようなバイク暦でした)

第3弾の今日は大晦日ということで、ありきたりですが、
一年間の思い出&2011年への抱負を語っていただきたいと思います。
(紅白が始まる前にサクッと読める短さです。)

 

佐藤:社長、いよいよ大晦日ですね。
この1年間の一番の思い出は、何ですか?

社長:
一年を通してですが、やはりハーレーダビッドソン主催のブルースカイヘブンの思い出が一番ですね。

新型BOXシェロー従えて、個性あふれるシェロー代理店のみんなとの
夜のキャンプサイトでの男だけのバーベキュー

ブルースカイヘブン01 

漆喰の闇にそびえ立つ富士山と宇宙の満天の星をつまみに、
豪快に飲んで食べたキャンプは最高!

まあBOX SHELLO ブースは数千人のハーレー乗りが来て、それなりに反響はありました。
でも以前と比べて年配のライダーが増えたような気がします。
とにかくあらためてハーレー乗りの真髄(?)を知ったようなイベントでした。

佐藤:数千人のハーレー乗りが集まるなんて、豪華なイベント!
キャンプの方も盛り上がっていたようですね。

ブルースカイヘブン02

 

佐藤:では最後に、2011年にやってみたいことはありますか?

社長:
2011年はシェロー誕生満10年になります

boxshello-001

よく全国のライダーに”シェローって何”って聞かれます。
シェローの誕生秘話は後日機会がありましたら、詳しく説明させて頂くこととして、
シェロー(SHELLO)とは
 ”バイクの乗りの、バイク乗りの為の、バイク乗りによるチームみたいなものです
(アメリカ合衆国第16代大統領の演説のぱくりではありません。)

 
やっぱりバイク乗りはかっこ良く、憧れの存在でなくてはならないと思います。
(世界ではライダーは”もてる”のが常識です。)

カリブ海を走るセブンマイルブリッジの通過点、マラソン島

シンガポールでは、柵の無い動物園で有名なシンガポール動物園にダウンタウンから行くフリーウエーで
中国人らしきライダーとリアシートに女性がメットから金髪をなびかせて、
ヤマハのXJRに真っ黒な革ジャンでタンデムしている現場
を見たときに、
と思わず映画の撮影かなと勘違いしたものです。

とにかくかっこよかったー!

 

という訳でってなんかわからないと思いますが、

シェロー製品、駐車場もこのコンセプとライダーの敵である盗難抑止のプリンシパルにのっとり2011年も頑張っていきます。

 
特に世界では当たり前のバイク駐車場の整備は、

3大バイクメーカーをもつ日本にも関わらず、貧弱なのが現状です。

BOXSHELLO_1

是非、さらにライダーの側から進んでバイク駐車場をつくり、
利用していく文化を定着できるように
微力ですが、頑張っていきたいと思います。

ここだけの話ですが、今年の目標として前記で言った通り、

”カブ”を買い、カスタムをしたいと思います!

佐藤:ありがとうございました。
意欲満点な社長のお話、来年も楽しみにしています。(カブもぜひ見せてください)
   また来年もよろしくお願いします。

 

防犯性に優れたバイクガレージとその普及を追求しつづける、シェローの松村社長。
憧れや楽しい悔しい体験が、その情熱を高めていたんですね。

というか、こんなにお話が上手な社長だったなんて・・・!!
今後のご活動の体験談も、ぜひまた伺ってみたいです。
「カッコ良く、セキュリティー度の高いバイクガレージ」を目指して、
ライダーの声を吸い上げ、改良に改良を重ねた「ボックスシェロー」。

その特徴と社長のこだわりは、こちらです!

ボックスシェローの特徴

第1弾から読んでいただいた方、長らくお付き合いありがとうございました。

それでは皆様、良いお年を~
ガレージ・車庫・倉庫の販売ページ>>