日本郵便がついに「置き配」本格導入へ

こんにちは!
日本郵便がついに来春頃から新サービス「置き配」を本格的に始めると新聞にて報じられております。

「置き配」とは?
「宅配先の玄関前に置くだけで配達を完了するサービス」のことです。
受け取り側の在宅・不在を確認せず、配達員が玄関のドアノブに商品が入った袋をかけたり、玄関先などに荷物を置いて配達が完了します。

従来日本における宅配サービスは、荷物を直接、受取人に手渡しするのが原則でしたが、近年の再配達問題による深刻な配達員不足が「置き配」本格導入の背景にあるようですね。
「置き配」については盗難や天災による荷物破損などを考慮した批判の声もあり、一部の企業では「置き配保険」のサービスを始めているところもあるようです。
「置き配」を利用して便利な生活を送りたいけど盗難などが心配…という方は簡易的な宅配ボックスを玄関先に置いてみてはいかがでしょうか?
環境生活では簡易的な宅配ボックスも取り扱っております!
KNZ°W410mmD380mmH320mmZZ
工事不要宅配ボックス KNZ簡易型宅配ボックス 受けとり名人 ソフトタイプ W410mm×D380mm×H320mm


その他の宅配ボックスも豊富に取り揃えております!

 

この記事をSNSでシェア
Top