眠れる冬の妖精 IN VINYTOP

朝起きると、結構肌寒くなって来た・・・。

もうすぐ1年で1番ワクワクする季節がじわじわと近づいて来てるのを感じる・・・。

そう、愛車のスバル・フォレスターのタイヤをラジアルタイヤに履き替える聖なる儀式が、目前までせまっているのだ。

yjimage

何せ、コイツは、雪道に滅法強いと来てる・・・。

野沢温泉スキー場まで、俺を連れてってくれるのは、コイツ以外には考えられない。

しかし、半年間、VINYTOP物置の中で眠っていたのは、タイヤだけじゃ無い・・・。

BURTONのスノーボードとウェア、そしてOAKLYのゴーグル・・・長い間待たせて悪かったな・・・。

やっとお前達の出番がやって来たぞ・・・。

俺は、いてもたってもいられなくなり、鍵穴にキーを差し込むと、滑らかな感触を味わいながら、扉を引き開けた・・・。

そこには、大切な冬の相棒たちが、VINYTOP物置の丈夫なスチールの壁に守られて安らかに眠っていた。

VHP-1305S-11-300x300[1]

スノーボードの表面に手の平を押し当ててみた・・・。

すると、かつてのゲレンデでの想い出が、次々と蘇って来た・・・。

初めて「フロントサイドノーズプレス」を決め有頂天になった事・・・そして初めて彼女と出逢い一瞬で恋に落ちた事・・・。

yjimageCADYGNG7

何故、そんなにスノボが好きなのかって?

だってスノボは、コケてナンボのスポーツだろ?

コケる事を恥ずかしがったらそこで終わりさ・・・。

何度も滑ってまたコケる・・・それでいいじゃない・・・これって人生と同じだろ?

ビニトップ物置はコチラ>>