雨水タンクを自作したい方必見!

雨が降り続くこの季節にピッタリな雨水タンク(うすいたんく)について調べてみました!

雨水タンクとは?

おしゃれ雨水タンク

おしゃれ雨水タンク

雨水タンクとは、雨水を貯める容器のことで、雨どいを通じて屋根に降った雨水をタンクに集める仕組みのこと。タンクの下部に付いている取水口から、タンク内の水を利用できます。雨水利用タンクとか、雨水貯留タンクと呼ばれることもあります。
住宅に設置する雨水タンクの容量は、50リットルほどの小さなものから、500リットル程度のものが主流ですが、中には1000リットルという大型の製品も販売されています。

引用:All About住宅・不動産

雨水タンク設置のメリット

節水に!

なんといっても雨水タンクの1番のメリットは節水できるというところ。
タンクに溜まった水は植物の水やりや、打ち水、お庭周りの掃除やバーベキュー用品を使った後の洗浄にも利用可能です。

いざという時の備えに!

雨水タンクを設置しておけば断水時でもトイレや手洗い水には困りません。地震などの災害時はライフラインが止まりやすく、少しでも水が使えるよう備えることはとても大事なことです。

水害を防ぐ

雨水タンクがあることで、直接雨が道に流れ出ることがなく、短時間で集中的に雨が降っても水害になりにくくなるそうです。

あって損なし雨水タンク。自作できるってほんと?

そんな雨水タンクですが、自作可能です!DIY好きな方、得意な方なら挑戦してみてもいいかもしれませんね。
しかし、雨水タンクを手作りするには2点重要なポイントがあります。

その1 集水器(取水器)

集水器は雨水を雨水タンクに流し込む際に分岐するための部材です。さらに、雨水に混ざったゴミや虫の死骸などを取り除く、フィルター的役割があります。少しでもきれいな水を得る為、集水器は雨水タンクになくてはならないものです。

その1 オーバーフローを防ぐ

オーバーフローを防ぐ、というのは強い雨が長時間降り続いた時、タンクが満タンにならないようにする機能です。
オーバーフローをしてしまうと、雨水タンクそのものが破損してしまう可能性があります。

youtubeでとてもわかりやすい動画を見つけたのでご参考までに!

DIYはちょっとなぁ…という方には!

実は雨水タンクの購入費用に対して、多くの自治体が助成金制度を用意しているそうです。制度の細かな内容や条件は各自治体で異なるので事前に確認をしましょう。
環境生活の雨水タンクを見てみる