100人乗っても本当に大丈夫!あの秘話に迫る!

「100人乗っても大丈夫!」

誰でも1度はこのフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?
そう、かの有名なイナバ物置のキャッチコピーですね!
物置といえば”イナバ物置”を連想する方も多いのではないでしょうか。

今回は友人とのランチ時、家族だんらんのひとときに、無言で気まずい時に、ちょっぴり重宝する、話したくなる、今のCMになるまでの秘話をご紹介します。

Q.あのCM、本当に100人乗ってるの?

A.乗っています!

やっぱりイナバ!さすがイナバ!
100人乗っても大丈夫!のコピーに偽りなく、ちゃんと100人乗っているんです!
今年のポスターで100人乗っているのは、イナバガレーディア
真ん中の白いジャケットをお召になっている方が稲葉製作所の稲葉明社長。
ということは周りに座っている方たちは役職順?と思ったあなた!

実はこの方々、イナバ物置を取り扱う代理店の代表で、座っている位置が営業成績を表しているんですって!
社長を真ん中に左右と真後ろの方がトップ3、でそこから4位,5位,6位…と座っているといいます。
こうすることで競争原理が働いて”一生懸命に売上を上げよう”という気持ちを刺激しているんですって!見事に心理をついているんですね。
ここに上りたくば”厳しい売上競争を制すること”が必要なんですね、知らなかったー!
法被の色も3色と決められ、色は毎年変えているのだそう。

アノ人が出ていた!?イナバ物置の初期CM

今でこそすっかり定番になった”100人乗っても大丈夫”のCMですが、当然、初期から今の形が確立されていたわけではないんですね。初期の1980年ごろに放送されていたCMは全く違うものだったんです。

さっそく見てみよう!


ギャル!?
ギャルがわらわら集まってきて…
「稲葉社長~!」
満を持して稲葉社長登場!

棚板に寝そべるギャル!

このときから屋根に乗るスタイル!

そして気になるこの男の正体とは…!

それではご覧いただきましょう!

これがイナバ物置の初期!

いかがでしょうか。
今とはかなりイメージの違うCMになっていますね!
まず、おじさんじゃなくてギャルです。キャピキャピです。
今でこそデフォルトで棚板がついているイナバ物置ですが、販売当時、棚板はオプション品だったため、その強度を知ってもらおうとギャルを寝そべらせんですって!
棚板×ギャルのコラボレーション!その効果、バッチリだったのではないでしょうか。

そして忘れちゃいけない、”い”のうちわを持ったこの男性!
みなさまご存知、実は若き日の綾小路きみまろ氏なんです!面影、ありますね。

そしてある日、
「ガレージの上に100人乗せてみよう!」
という先代が発した突拍子もないアイデアがきっかけとなり、
今の”100人乗っても大丈夫”のフレーズが誕生し、今もなお、皆さんの耳に残るキャッチフレーズとして有名になったというわけなんですね。

~稲葉なこばなし~

ヤクルト→日ハムへ移籍し、その両チームでも優勝経験のある、元名選手にして侍ジャパンの監督、稲葉篤紀氏。
実は稲葉監督、イナバ物置のCM出演を熱望しており、関係者や報道陣に猛アピールを繰り返すも、とうとうオファーは来なかったそう。稲葉監督でも代理店へ転職して好成績を残さなければ、夢は果たせない、というシビアな世界なのかもしれません。ハードル高し、イナバの100人!
がんばれナッパ!負けるなナッパ!
出典:gaora.co.jp

ギャルときみまろを起用していた過去CM、
物置に100人乗せてしまう発想から生まれた”100人乗っても大丈夫”の有名フレーズ。
稲葉製作所のCM秘話に触れて、わたしの雑学が潤ったのは言うまでもなく、明日の商談時、上司との気まずい移動中、まだ気心しれないニューフレンドとの雑談時をちょっぴり潤してくれる、かもしれません。

イナバ物置各シリーズはこちらから