LIXIL濡れ縁 始めました。

こんにちは環境生活です。

生ビールが美味しいこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ちなみに私はレモンサワーの方が好きです。

さておき、これからの季節は縁側でのんびりするのも楽しみの一つですよね。

そこで今回ご紹介したいのはLIXILの濡れ縁です。

濡れ縁をご紹介する前に【濡れ縁】とは?

濡れ縁【ぬれえん】

雨戸の外側などに付けられた縁側のことをいいます。
風雨を防ぐ壁などがなく、雨水に濡れるためにこのように呼ばれます。室内の縁側とは異なり、壁面に対して直角方向に縁板を張るのが一般的です。また雨水の切れがいいように縁板を簀の子状に張った簀の子縁や竹縁が使われます。最近は庭先の段差解消のためや、フラワースタンドなどの縁台としても使える、後付けタイプのものが多く出回っています。【HOMES不動産用語集引用】

 

今回ご紹介したい濡れ縁は後付タイプの米杉使用品となります。

米杉とは俗にウエスタンレッドシダ―と呼ばれ、腐りにくく加工性も容易、なおかつ特有の甘い香りはリラックス効果が有ります。

無題

そんな素敵な濡れ縁は? お値段は なっ なんと!?

LIXILと言えば、環境生活にお任せください。