ガレージについて②


【お客様組立】ダイケンガレージ 2連棟 CH-KB2654-2(多雪型)の施工事例(岐阜県K様)

ガレージの基礎工事に関わる基本的な規定は、以下の3法に定められています。

①建築基準法施行令38条(基礎)
基礎に関する最低限の基準です。

建築物の基礎は、建築物に作用する荷重及び外力を安全に地盤に伝え、かつ、地盤 の沈下又は変形に対して構造耐力上安全なものとしなければならない。

詳細を見る>>

②建築基準法施行令42条(土台及び基礎)
木造建築物における最低限の基準です。

構造耐力上主要な部分である柱で最下階の部分の使用するものの下部には、 土台を設けなければならない。
 2 土台は、基礎に緊結しなければならない。

詳細を見る>>

③建設省告示「平12建告大1347号」
第38条4項に規定する建築物基礎の構造方法及び構造計算の基準です。

20kN/m2未満の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造
20kN/m2以上30kN/m2未満の場合にあっては基礎ぐいを用いた構又はべた基礎
30kN/m2以上の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造、べた基礎又は布基礎としなければならない。

詳細を見る>>