TOP > ガレージ > ガレージ情報 > 車庫・ガレージ扉の「シャッタータイプ」と「オーバースライドタイプ」の違いとは?

車庫・ガレージ扉の「シャッタータイプ」と「オーバースライドタイプ」の違いとは?


先日のブログ
「オーバースライドタイプでサイズが豊富なのはタクボだけ!」
と書きましたが、
『オーバースライドタイプ』ってなんですのん?って方もいらっしゃいますよね。
今回はガレージの「シャッタータイプ」と「オーバースライドタイプ」の違いについて解説します。

ガレージの扉=シャッター だと大多数の方が思っているでしょう。
実は、シャッターに見えてシャッターではないタイプがあるのです。

まず、シャッターはどういうしくみで開くかというと、庫内で巻き上げているのです。
開閉時にガラガラ音を立てるのは、巻き上げる音なんですね。

それに対して、「オーバースライドタイプ」は巻き上げずに天井部にスライドさせて開閉します。

メリットは3つ。(タクボガレージの場合)
①巻き上げないので、シャッタータイプに比べて開閉時の音が静かです。
②巻き上げシャッタータイプよりも強風に強いです。
③電動リモコン装置が本体設置後でも取付け可能です。

本体価格はシャッタータイプより高くなりますが、
オプションの電動リモコン装置はシャッタータイプのより安いんです。(本体同時購入時)

オーバースライド扉とシャッター扉の違い画像

     ↑タクボガレージのタイプ別の比較図です。

 

で、先日の記事のおさらいです。

この「オーバースライドタイプ」、
イナバ・ヨド・タクボと大手ガレージメーカーはみな用意しているのですが、
サイズバリエーションの差が激しすぎるのです!!

タクボガレージ:216機種

イナバガレージ:10機種

ヨドガレージ:6機種

 

タクボガレージ、圧倒的すぎますね・・・!!!

(ちなみに、タクボガレージは、オーバースライド扉とは別にシャッタータイプも同じくらい数があります)

 

呼び名はメーカーにより若干異なります。

タクボガレージ → 「オーバースライド扉」

イナバガレージ → 「オーバースライドタイプ」

ヨドガレージ → 「オーバースライディングドア」

 

ガレージ購入時は、扉のタイプでも検討してみてくださいね。

 

車庫・ガレージの一覧>>
ガレージがあれば愛車を盗難・雨風から守ります!バイク、車をガッチリと守るガレージ!

 

サイズバリエーション豊富なタクボガレージはこちら>>

タクボガレージ・ベルフォーマ