TOP > 集合ポスト > 集合ポスト情報 > 集合ポストの錠の種類について

集合ポストの錠の種類について

集合ポストの錠について簡単にご説明いたします。

 

ダイヤル錠ダイヤル錠

ダイヤルを右へ(または左へ)一回点以上回してから数字を印に合わせます。次に左へ(または右へ)回して数字を合わせると開錠します。
施錠する場合は扉を閉め、ダイヤルを左右どちらかに一回転以上回します。

ダイヤル錠の集合ポストはこちら>>

 

可変ダイヤル錠可変ダイヤル錠

開錠・施錠方法は、ダイヤル錠と同じです。ダイヤル錠が最初から決まった番号から変更出来ないのに対し、可変ダイヤル錠は簡単操作でお好きな番号に変更できます。設定により、ロックフリーにも出来ます。

シリンダー錠シリンダー錠

キーで施錠・開錠するシリンダー錠です。

シリンダー錠の集合ポストはコチラ>>

ラッチ錠ラッチ錠

この錠前だけでは施錠できません。
市販の南京錠をご使用下さい。

ラッチ錠の集合ポスト>>

プッシュボタン錠プッシュボタン錠

C(クリア)ボタンを押し、あらかじめ設定されている開錠番号(順不同)を押してからプッシュボタンを押すと自動で扉が開きます。扉を閉めると自動的に施錠されます。(開錠番号の変更はできません。)

可変プッシュボタン錠可変プッシュボタン錠

開錠・施錠方法は、プッシュボタン錠と同じです。プッシュボタン錠が最初から決まった番号から変更出来ないのに対し、可変プッシュボタン錠は簡単操作でお好きな番号に変更できます。設定により、ロックフリーにも出来ます。