「よくある質問」タグアーカイブ

物置・収納庫の下にブロックは必要ですか?

物置・収納庫を設置する際に屋外地面の上に直接物置・収納庫を置くことはおすすめ出来ません。別に平らな地面なら置いても問題ないのでは???
と思われるかも知れませんが、問題があるのです。

基礎ブロック水平出し
基礎ブロック水平出し

物置・収納庫の鋼板は塗装などにより、錆び難くはなっておりますが、基本的にスチール(鉄製)なので屋外に設置して、長く水に浸かっていたり、結露したりすると錆びの発生に繋がります。
これを防ぐためにブロックの上に物置・収納庫を設置するのです。またブロックを置くことで床の水平を出しやすくする効果もあります。
一見水平に見える地面も結構傾斜があり、このまま設置すると長い間に扉が開きにくくなったりと不具合も出る事が御座います。コンクリートやアスファルトの場合は水勾配があるので必ずレベル調整が必要となります。

この様に一見手間に思われるブロックですが外に設置する場合にはブロックが必要になるのです。

物置・収納庫はこちらからお選び頂けます。

物置・収納庫の転倒防止工事って必要なの?

転倒防止工事 物置工事
転倒防止工事 物置工事

物置自身の重量が重い為、つい「大丈夫・・・そんなに簡単に倒れる訳ないさ・・・」と思い込みがちですが、昨今の自然環境の変化により、台風が来なくても、突発的な強風が吹く事が増えております。

又、地震列島である日本は、震度の大きな地震にも、度々見舞われています。

1度でも、物置が倒れた場合、その自重により、大きな被害が生じるケースも少なくありません。

「家の壁が傷ついた!」「ブロック、フェンスが破壊された!」「通りかかった子供が下敷きになりそうだった!」等々・・・。

物置・収納庫に転倒防止工事をしたからと言っても、自然災害の規模にもよるので、100%の安全性を保障出来る訳ではありませんが、被害状況をグッと緩和出来る事は間違いありません。

環境生活」では、万一に備え、物置・収納庫に転倒防止工事をおすすめしています。

倒れてからでは、遅過ぎます・・・倒れる前に、備えを万端に!

信頼出来るプロの職人が、御客様のお宅まで、設置に伺います!

物置・収納庫の組立設置工事、転倒防止工事は、御気軽に「環境生活」に御依頼下さいませ!

 

転倒防止工事 アンカー工事
転倒防止工事 アンカー工事

 

何故ヨド物置にはリピーターが多いの?

ズバリお答えしましょう!

それは、ヨド物置が、昔から、丈夫で長持ちだからです。

長持ちの秘密は、鋼板会社ならではの、鉄板(圧延、めっき、塗装)から製品までの一貫生産にあります。

現在では、錆に強いガルバリウム鋼板を使用している為、更に物置・収納庫の寿命が延びる仕様となっています!

ガルバリウム鋼板は、「さいたまスーパーアリーナ」「阪神甲子園球場」等、お馴染みの建造物の屋根に使用されています。

又、物置・収納庫を屋外に設置する場所に応じて、様々な大きさのバリエーションが揃っているのも嬉しい限りです。

小型収納庫は、「エスモ」シリーズ

大型物置は、「エルモ」シリーズ

さて、何をしまおうかしら・・・と既に夢が膨らんでいらっしゃるのでは、無いでしょうか?

両シリーズ共、扉の色も、バリエーションが豊富・・・淡い色合いが、あらゆる住宅にフィットします!

そして、使い勝手の良い3枚扉の広い開口部が、収納意欲を刺激します!

リピーターが多いのも、うなづけるのでは、無いでしょうか?

そんな訳で「環境生活」は自信を持って、ヨド物置をお薦めします!

ヨド物置 エルモ
ヨド物置 エルモ

超軽量タイプ。折りたたみ式ごみボックスLite(ライト)

軽量タイプ!折りたたみ式ごみボックスLite(ライト) 幅120㎝型 K-120Lite
量タイプ!折りたたみ式ごみボックスLite(ライト) 幅120㎝型 K-120Lite

 
 

折りたたみ式ごみボックス 幅120㎝型 ご注文こちらから >>

軽量タイプ!

折りたたみ式ごみボックスLite(ライト)

ステンレス枠なので、耐久性があります。

折り畳み式のうえ、軽重量。

期間限定セール中。

 
 


幅180㎝型は、こちら >>

折りたたみ式ごみボックスLite(ライト) 幅180㎝型 K-180Lite
折りたたみ式ごみボックスLite(ライト) 幅180㎝型 K-180Lite

請求書対応(月締め、翌月お支払)のお支払いは可能ですか?

Q&A2

■ご質問

ゴミステーションの購入を検討しておりますが、請求書対応(月締め、翌月お支払)のお支払いは可能ですか?

 
■お答え

大変申し訳ございません。
当店では月締めでのお支払いには対応しておりません。

大変恐縮ですが、お支払い方法は下記3種類よりお選びください。

■銀行振込(手数料はお客様ご負担となります。)

■クレジットカード

■後払い.com(与信審査が必要となります。決済手数料が別途かかります。)

※ 詳しくは、こちら からご確認お願い致します。

http://www.ec-life.co.jp/page/payment/