「Q&A(よくある質問)」タグアーカイブ

【環境生活】物置・収集庫 屋外などの施工事例紹介

環境生活 特選施工事例のご紹介

 

タクボ物置 Mr.ストックマン ダンディ ND-SZ1512 

幅1580×奥行1427×高さ2110mm

埼玉県O様

素敵に収まってますね~ 屋外の鮮やかな芝生と落ち着いたブラウンの物置がお庭を素敵に彩っております!

当店特別価格106,240円(税込)

 

 

タカヤマ物置 エコノミープラス TMR-0809  

幅800×奥行650×高さ900mm

東京都N様

観葉植物がとっても素敵に飾られております。

落ち着いたブラックの物置・収納庫が屋外の玄関前で御客様をお待ちしてる姿が目に浮かびます。

環境生活特選 衝撃プライス!!!

当店特別価7,900円(税込)

 

グリーンライフ物置 扉式タイヤ収納庫 TBT-132MBR

幅800×奥行750×高さ1320mm

山梨県K様

季節が変わるとスタッドレスタイヤの保管場所に困りますね~ こんな便利な商品が有ったなんて知らなかった~!!

当店特別価格18,300円(税込)

 

この場をお借りしても紹介しきれない位、環境生活には施工例が盛りだくさんあります。

>施工例はこちら

是非、お買い物前に参考にして見られたらいかがでしょうか?

 

まだまだあります!!

環境生活 

 

 いつでもお気軽に御連絡下さい

店長 廣田 剛

 

 

 

 

 

 

 

増税前のいまがチャンス!物置・収納庫をお探しの皆様

物置・収納庫をお探しの皆様

増税前の今がチャンス!

~増税に屈しない男 店長ひろたのススメ!~

当店、人気商品 

イナバ物置ネクスタ NXN-30S

増税後 な、なんと! 差額が

▲2,170円

痛たたたたた・・・・!!!!!

 

高額商品です!

早めの御検討がお勧めですよ!

 

組立工事

店長ひろたにお任せ下さい!

お見積無料!

屋外用の物置・収納庫・倉庫のお悩み、御相談 お気軽に御連絡下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物置・収納庫の組立工事について

標準組立費とは

当店へのお問い合わせで一番多いものが、物置・収納庫の組立についてのご質問です。物置・収納庫の商品ページやメーカーのカタログに【標準組立費】と記載がありますが、この【標準】とはどこまでの範囲を指すものかが判別し難いようです。メーカー推奨の【標準組立費】とは、あくまで物置を組み立てるだけです。基礎工事やレベル調整費、転倒防止工事費は含まれておりません。大型物置のオプション取付費なども別途費用が発生致します。

では【標準組立費】だけでは実際には物置・収納庫を建てられないのでしょうか?
実際には基礎のブロック代などの費用も掛かってくるため【標準組立費】だけでは建てられません。但しこのブロックは通常であれ1個当たり200円~300円くらいです(地方によって若干の差が生じます)から、よほどの大型物置でなければ4個~14個くらいの使用なので、それほど気になさらなくも良いと思います。また北海道や寒冷地ではブロックの替りに束石を使用しますので大幅に価格が変動致します(この辺りは別途御見積もりとなります)。

基礎ブロック水平出し
基礎ブロック水平出し

付帯工事とは

上段で述べたレベル調整費や転倒防止工事費など【標準組立費】以外の工事がこれに該当します。一見平坦に見える設置場所でも水平器を使用すると結構傾いていたりします。『物置だし多少傾いていてもいいよ』と思われる方もいらっしゃると思います。この多少の傾きを放っておくと扉が開け難くなったりもするので要注意です。この傾きを修整するのが【レベル調整】です。また転倒防止工事をされない方も中にはいらっしゃるのですが、これをやらずに地震や台風などで物置・収納庫が倒れてしまう事もあります。倒れた先に人がいたり車などがあれば、相応の被害も出てしまうでしょう。基本的にブロックの上に乗っているだけなのでバランスが良いとは言えません。【転倒防止工事】はメーカーも推奨しておりますので、物置・収納庫をご検討の際にはこちらも一緒にご検討されてみては如何でしょうか。

工事の請負

とは言え物置の組立は面倒くさい、折角の休みの日にそんなDIYはやりたくない、重い部材もありそうだし自分では自身がない。など様々な理由があると思います。そんな面倒な事は当店にお任せください。組立から転倒防止工事、オプション取付も請け負います。当店なら(ほぼ)全国で組立工事をお請け致します。迷った貴方はまずは無料見積りフォームからお問い合わせくださいませ。

物置・収納庫の御見積もりはこちらから

物置本体はこちらからご検討頂けます

物置・収納庫の転倒防止工事って必要なの?

転倒防止工事 物置工事
転倒防止工事 物置工事

物置自身の重量が重い為、つい「大丈夫・・・そんなに簡単に倒れる訳ないさ・・・」と思い込みがちですが、昨今の自然環境の変化により、台風が来なくても、突発的な強風が吹く事が増えております。

又、地震列島である日本は、震度の大きな地震にも、度々見舞われています。

1度でも、物置が倒れた場合、その自重により、大きな被害が生じるケースも少なくありません。

「家の壁が傷ついた!」「ブロック、フェンスが破壊された!」「通りかかった子供が下敷きになりそうだった!」等々・・・。

物置・収納庫に転倒防止工事をしたからと言っても、自然災害の規模にもよるので、100%の安全性を保障出来る訳ではありませんが、被害状況をグッと緩和出来る事は間違いありません。

環境生活」では、万一に備え、物置・収納庫に転倒防止工事をおすすめしています。

倒れてからでは、遅過ぎます・・・倒れる前に、備えを万端に!

信頼出来るプロの職人が、御客様のお宅まで、設置に伺います!

物置・収納庫の組立設置工事、転倒防止工事は、御気軽に「環境生活」に御依頼下さいませ!

 

転倒防止工事 アンカー工事
転倒防止工事 アンカー工事

 

何故ヨド物置にはリピーターが多いの?

ズバリお答えしましょう!

それは、ヨド物置が、昔から、丈夫で長持ちだからです。

長持ちの秘密は、鋼板会社ならではの、鉄板(圧延、めっき、塗装)から製品までの一貫生産にあります。

現在では、錆に強いガルバリウム鋼板を使用している為、更に物置・収納庫の寿命が延びる仕様となっています!

ガルバリウム鋼板は、「さいたまスーパーアリーナ」「阪神甲子園球場」等、お馴染みの建造物の屋根に使用されています。

又、物置・収納庫を屋外に設置する場所に応じて、様々な大きさのバリエーションが揃っているのも嬉しい限りです。

小型収納庫は、「エスモ」シリーズ

大型物置は、「エルモ」シリーズ

さて、何をしまおうかしら・・・と既に夢が膨らんでいらっしゃるのでは、無いでしょうか?

両シリーズ共、扉の色も、バリエーションが豊富・・・淡い色合いが、あらゆる住宅にフィットします!

そして、使い勝手の良い3枚扉の広い開口部が、収納意欲を刺激します!

リピーターが多いのも、うなづけるのでは、無いでしょうか?

そんな訳で「環境生活」は自信を持って、ヨド物置をお薦めします!

ヨド物置 エルモ
ヨド物置 エルモ