物置選びの際、サイズはどうやって決めるの?


物置選びの際、サイズはどうやって決めるの?

物置をお選びの際、サイズはどのように選べばよいのでしょうか?

物置の収納物は年々増える可能性もございます。
お客様の設置を想定されている場所で、可能な限り最大の大きさで考慮された方が、後程荷物が増えた際もよろしいかと思われます。

その際下記の点に気をつけて物置を選びましょう。

1.物置の壁と壁の間に余裕が必要です

物置の設置の際には左右前後に10~20cm程度の余裕が必要になります。
サイズ選びの際は本体のサイズだけでな10~20cm程度の余裕も考えましょう。

2.物置の屋根の大きさ

一般的に屋根は本体より大きく設計されています。
土台の幅、奥行きだけでなく、屋根の幅、奥行きも考慮に入れてサイズ選びをしてください。

3.物置のブロックの高さ

通常物置はブロック(10~20om)の上に設置します。
本体の高さだけでなく基礎ブロックの高さも考慮しましょう。
また設置場所に木の枝や障害物がないか確認しましょう。

4.開き戸タイプの場合の間口スペース

本体の幅の半分くらいの扉を開けるためのスペースが必要です。
壁と壁に挟まれた狭い場所の場合は特にご注意下さい。

↑引き戸タイプたな問題ありません。