プラスチック製収納容器のパイオニア「アイリスオーヤマ」:「ピンチをビッグチャンス」に


環境生活」では、アイリスオーヤマ製プラスチック収納容器を取り扱っております。リビングやベッドルーム、子供部屋にマッチするデザインで、組み立ても簡単でしかも軽量です。

アイリスオーヤマの物置プラスチック製収納容器

  1.  

さらに見る

ピンチをビッグチャンスに変える「アイリスオーヤマ」会長 大山健太郎氏

父の死去に伴い、わずか19歳にして大山ブロー工業所(現:アイリスオーヤマ)の代表者となった大山健太郎氏(現:会長)は、プラスティックの軽さを生かした育苗箱を開発・販売したことで農家の支持を得ました。

プラスティック製の育苗箱は、木製に比べてはるかに軽く、農家の皆さんによる苗の運搬の負担軽減に貢献しました。

続いて落としても割れない植木鉢といったガーデン用品や、収納用品を開発し、ヒットを飛ばしました。

その中でもプラスチック製の収納容器は、プラスチックの透明さを生かして中身が見え、開けなくてもどの衣類が入っているかを確認できると、とても高い利便性を誇りました。

※「環境生活」では「透明な」プラスチック製の収納容器の取り扱いはありません。

大山社長を襲った数々の困難

大山会長時代には、数々の苦難に見舞われました。
若くして社長に就任せざるをえなかったり、オイルショックに見舞われたり、リリースした製品をすぐに模倣されたり、近年には工場が被災したりしました。

しかしピンチをビッグチャンスととらえ、ピンチの時こそ攻めに出る大山会長の勇気と不屈の闘志に強い感銘を受けます。

ピンチをチャンスに変える

大手電機メーカーが不況に見舞われましたが、それをチャンスととらえ、リストラされた優れた技術者を次々と招き入れ、自社製品の技術向上につなげています。

またお客様目線でライバルの商品を使い倒し、値段を含め不満を見つけては解決策を自社製品の開発で実現させます。そのため、ユニークで機能的、しかも安価な製品が次々とリリースされます。

昨年は大山健太郎氏が社長の座を長男の大山晃弘氏に譲り渡し、今後は地域貢献の活動を続けていくとのことです。

私も人生において何度もピンチが訪れましたし、今後も訪れることでしょう。そのような状況でも「ビッグチャンス」ととらえられるような、自信と信念を持ち、常に前向きに生きられるようになることが理想です。

アイリスオーヤマのプラスチック製収納容器

「環境生活」では、アイリスオーヤマのプラスチック製収納容器を取り扱っております。
洋室のリビングやベッドルームにマッチするデザインとなっております。
組み立ても簡単で、移動も楽々。
ぜひお買い求めください。

環境生活」で取り扱いのあるアイリスオーヤマのプラスチック製収納容器一覧