TOP > 物置 > 物置の施工事例 > 【工事を依頼】【販売終了】北星ハウス ピッコロ6帖(1.5間~2.0間)の施工事例(神奈川県I様邸)

【工事を依頼】【販売終了】北星ハウス ピッコロ6帖(1.5間~2.0間)の施工事例(神奈川県I様邸)


※こちらの記事で取り上げさせていただいている北星ハウスは2016年9月をもちまして販売終了致しました。長い間ご愛顧ありがとうございました。

北星ハウス ピッコロ6帖(1.5間~2.0間)の1日の工事の流れをざっとご紹介いたします。

神奈川県は小田原のI様邸の工事を例にご紹介します。

◼︎AM7:20

トラックが到着します、

この2tトラックに北星ハウス6帖の資材が乗っています。

hokusei-track

◼︎AM7:30

15分程度で施主様との簡単な打ち合わせを終えて、いよいypプレハブの作業開始です。

(詳細な打ち合わせと見積もりは下見の段階で済んでいます。)

 

プレハブ設置現場までの通路

プレハブ設置現場までの通路

資材搬入!

今回のプレハブ設置現場は駐車場からおよそ30メートル離れた、ちょっと狭い通路を通った先にあります。
職人さんが2人がかりで資材を搬入します。

ブロックを搬入

ブロックを搬入

北星ハウスなら、木材なので資材がバラバラで運搬できるので狭い通路も搬入出来ちゃいます!

そこはあらかじめ完成品でお届けするような、コンテナハウスとは違いますね。

工具を搬入

工具を搬入

◼︎AM8:15

プレハブの基礎を水平器でしっかりと調整しつつ、四隅のブロックを設置します。

基礎の位置を確認

ブロック基礎の位置を確認

縄張りで建物の配置を決めていく

縄張りで建物の配置を決めていく

モルタルでブロックをしっかり固定

モルタルでブロックをしっかり固定

床下の通気を良くする風穴ブロック

床下の通気を良くする風穴ブロック

建物は基礎が大事です、職人さんが入念に時間をかけて丁寧に作業が進みます。

束石(つかいし)と大引き(おおびき)

束石(つかいし)と大引き(おおびき)

大引きの上に垂直に根太(ねだ)を張る

大引きの上に垂直に根太(ねだ)を張る

床組の最重要部、大引き(おおびき)と根太(ねだ)が北星ハウスのゆかをしっかりと支えます。

◼︎AM10:30

ここからはブナの床板が傷つかないように靴を脱いでブルーシートを敷きます。

床板が完成

床板が完成

ブルーシートの上を、さらに作業用の板でカバーします。

image

image image

今回施主のI様は素通しの透明な窓を選ばれました、

素通しの窓

素通しの窓

素通しの窓を選ばれた理由をお尋ねしたところ、飼い猫ちゃんのお家としてご利用されるから、とのことでした。

工事を見守る猫ちゃん

工事を見守る猫ちゃん

◼︎午後13:00

お昼休憩をはさんで屋根と窓に取り掛かります。

imageimage

image

窓の冊子もクレ556でスムーズな開閉に!

最後まで職人さんの丁寧なお仕事ぶりが伺えました。

image

◼︎PM14:00

着工から約7時間で、いよいよプレハブ完成!

image

image

鍵とドアノブ

鍵とドアノブ

image

今回私は北星ハウスさんの施工現場にお邪魔するのは2度目立ったのですが、たった一日でこんなに素敵なプレハブ小屋が完成してしまうのには、やっぱりビックリしてしまいます!

取材にご協力頂いた施主様と北星ハウスの職人さん、誠に有難うございました!