TOP > トランクルーム > トランクルーム情報 > オーナー様の疑問解消!トランクルーム設置の制限、工事、耐荷重は?

オーナー様の疑問解消!トランクルーム設置の制限、工事、耐荷重は?


イナバトランクルーム用パーティションのご案内

環境生活では、トランクルーム投資をはじめるオーナー様に、
インターネットで「イナバトランクルーム」を販売しております。

「イナバトランクルーム」は、あの「百人乗っても大丈夫!」で有名なイナバ物置の提供するトランクルームで、特徴といたしましては、

■設置後の縮小や小間の連結

■解体・移設が可能で、扉タイプも豊富

なといった点が挙げられます。

イナバトランクルームの扉タイプ-ドアタイプ、スライド扉タイプ、2段式タイプ""

そんな「イナバトランクルーム」について、
これからトランクルームの運営をはじめようとしている方からいただいたご質問と、その回答をご紹介させていただきます。

トランクルーム投資をはじめるオーナー様に、ご参考いただけましたら幸いです。

■Q1.テナント内(屋内)に設置する場合、基礎ブロックや転倒防止工事等は必要ですか?

A1.屋内に設置するのであれば、基本的に基礎ブロックは不要です。
転倒防止工事(アンカー打ち込み)も、屋内であれば、しなくても大丈夫な場合がほとんどです。

 


■Q2.イナバトランクルームの床の耐荷重はどのくらいですか?

A2.床付き仕様にする場合の耐荷重は、平米あたり500kgを目安としてください。
ただし、事務所として建てられた建物の床の耐荷重は平米あたり300kg程度ですので、
実際に500kg近いものばかりを収納されると、建物の床が抜けてしまう恐れがあります。
ですので、オーナー様はあくまで参考値とお考えください。

※床なし仕様(設置する部屋の床が見える状態で設置)にすることも可能です。
もともときれいな床面の部屋に設置するのであれば、わざわざ床をつける必要もないでしょう。

 


■Q3.イナバトランクルームの

上位階・下位階でも設置可能ですか?

A3.エレベータがあれば上位階・下位階でも設置可能です。

 


■Q4.テナントの構造(鉄骨、木造、鉄筋コンクリート)に制限はありますか?

A4.設置する建物については、構造よりも、どのような用途で建てられた建物かが重要です。
先述のとおり、
オーナー様が事務所として建てられた建物は床の耐荷重が平米あたり300kg程度ありますが、
住居として建てられた建物は床の耐荷重が平米あたり150kg程度しかありませんので、
それを上回ると床が抜けてしまい、大事故につながってしまう危険があります。

もし仮に、住居として建てられた建物をトランクルームとして使用する場合、
床耐荷重の強度を上げる工事が必要になりますが、高額な費用がかかるようですので、実際には難しいでしょう。

 


以上、

これからトランクルーム経営をお考えのオーナー様のご参考いただけましたら幸いです。

「イナバトランクルーム」は
100人乗っても大丈夫!のイナバ物置で有名な稲葉製作所の製品ですので、安心してご使用いただけます。
レイアウトプラン見積り無料です。ぜひお問合せ下さい。

 

イナバトランクルームの詳細はこちら>>

イナバトランクルームの魅力-プランニングお見積り無料!北海道から長崎まで対応可能、物件の有効活用をご提案、安心のメーカー全面サポート
イナバトランクルームの設置事例

イナバトランクルームの施工について-部材は全てキット式、施工が早く費用も安い、撤去もお手軽

イナバトランクルームは仕切り壁を取り外せば簡単に間取り変更可能

 

関連記事:

トランクルーム運営のはじめ方 ~設置費用はタイプで決まる!オーダーサイズと規格サイズの利点と弱点~

イナバトランクルームってイナバ物置と関係あるの?

トランクルーム54室経営の場合の売上試算(収支)表サンプル