ゴミ収集庫の材質は、どの材質がよいですか?

Q&A2

■ご質問

ゴミステーションの材質は、どの材質がよいですか?

 

■お答え

それぞれの用途や使用目的によって変わってまいります。
その状況に合わせて、材質をお選び下さい。

鉄(スチール)製■

point2-img1
サビを防止するため様々な塗装処理がしてあり、価格滞も塗装処理に相応します。
特徴としては頑丈で、アルミやステンレスト比べ比較的安価であるということがあげられます。

メリット:安い、頑丈
デメリット:傷から錆びる可能性がある

スチール製のゴミステーション販売ページはこちら>>


プラスチック製

point2-img4
FRPやABS素材など樹脂素材のゴミ箱です。
鉄(スチール)製に比べて軽く、錆びに強いです。
完成品でお届けできる商品が多いのも特徴です。

メリット:密閉性が比較的高い、軽い

プラスチック製ゴミステーション販売ページはこちら>>


アルミ製

point2-img2
アルミは軽量でさびにくい素材です。
スチール製と比較して防サビ優れていますが、表面にさびの膜が出来てしまうことがありますので
日頃のメンテナンスが必要です。
完成品でお届けできる商品が多いのも特徴です。

メリット:軽い
デメリット:高価、弱い

アルミ製ゴミステーションの販売ページはこちら>>


ステンレス製

point2-img3
ステンレスはサビに強く、耐食性が強い素材です。
スチールやアルミと比較すると価格も高めですが、使用耐久年数は長くなります。
しかし汚れを長時間放置すると表面にサビが付着するため、やはりメンテナンスは必要です。

メリット:サビに強い
デメリット:高価

ステンレス製ゴミステーションの販売ページはこちら>>


ゴミステーションやダストボックス販売ページ

品揃え一番店!ゴミステーション1000点の品揃え。品揃えも価格にもきっとご満足頂けます!