不法投棄とは?

こんにちはゴミステーションでおなじみの環境生活です。

今回は不法投棄についてのまとめとなります。

 

【不法投棄とは】

事業活動に伴って生じた木くず、コンクリート破片、廃プラスチック類等の産業廃棄物については、排出事業者自らが最終処分まで自らその責任を負わなければなりません

処罰と致しましては、5年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金又は併科(法人による廃棄物の不法投棄は、罰金が3億円以下に改正)任を負わなければなりません。 (警視庁HPより一部抜粋)

【管理者責任について】

 土地の占有者や管理者の方は、不法投棄されないよう、適切な管理を心がける必要があります。
不法投棄は犯罪であり、法律で禁止された悪質な行為です。不法投棄の行為者が発見・特定された場合は投棄した者等に廃棄物の撤去を要求しますが、投棄した者が見つからなければ、管理者責任によって自ら処分をしなくてはなりません。(廃棄物処理法第5条【清潔の保持】による)
不法投棄を放置しておくと、さらなる不法投棄を誘発し、良好な生活環境を阻害する恐れがありますので、土地の所有者や管理者の方は日頃から不法投棄への防止対策を講じておきましょう。

敷地内などへ不法投棄された物を公共の場(道路や公園など)へ動かす行為も不法投棄と同等の扱いになりますのでご注意ください。

未然防衛策
・周囲に柵(囲い)を設ける。ネットやロープ等を張り、侵入防止策をとる。

・こまめに足を運び、状況確認をする。草刈りや枝払いをして、視界を広くし、清潔にしておく。

・「不法投棄防止」等の警告看板を設置する。

・近隣にお住まいの方と協力し合い、不審者や見慣れない車等に目を光らせ、情報を共有する。(福生市HPより抜粋)

管理者様にも未然に防衛する適切な管理(ゴミ置き場等)が必要となります。

環境生活は管理者様の適切な管理を応援します。

無題