ドイツ製プランター「レチューザ」は最長12週間水やり不要!

かな~~りズボラな性格のわたしは、デスク横にあるポトスの樹の水やりも結構忘れるんですよね…
そんなズボラな性格の方にはぴったりなプランター!

最長12週間水やりが不要!

底面灌水システムプランターでメンテナンスラクラク「レチューザ」のご紹介です!

独自開発の「クレイ」により、根の呼吸を助け、根腐れの心配もなし!鉢の中に部材を入れるだけなので、専門的な園芸知識も要りません。

レチューザの4つのポイント

無垢のプラスチックのしっかり感と塗装の良さ

レチューザの美しい仕上がりの秘密

レチューザがプラスチックなのに美しい存在感を身にまとっているのは、

  • コンピュータ制御による高精度な押出成形
  • 全自動ロボット化による最高級ポリウレタン樹脂塗装

高い成形精度による無垢の樹脂に、最高級の表面塗装を施した結果です。

底面灌水システムの採用

植物にとって、クレイの特性がもたらすメリット

一般的な不織布に代わり、レチューザではあえてクレイ(Lechuza-PON)を使用する意味は、

  • 適度な毛管力が、水の上がり過ぎを抑えるから。
  • 優れた通気性が、植物の根に十分な酸素を供給するから。

植物にとってこの上なく好ましいこの2点が、クレイ(Lechuza-PON)をレチューザに起用した最大の理由です。

根腐れしない環境

クレイは用土にも十分な酸素を送ります。その結果として

レチューザのクレイ(Lechuza-PON)が用土に送り込んだ酸素により

  • 土の中が、植物にとって育ちやすい環境に改善されます。
  • 根の呼吸を助け、根腐れの心配がありません。

レチューザに育てられた植物は素晴らしい環境に包まれ、根を伸ばし、元気いっぱいに育っていきます。

水やりラクラク、最長12週間隔

水やりの手間から解放されます。
レチューザの底面灌水システムは、水やりの間隔が最長で約80日(12週間)も空くのでメンテナンスがとてもラクです。
難しい園芸技術は必要ありません。
レチューザの特色は、ハイドロカルチャーと普通の用土、双方の長所を取り入れた【良いとこ取り】ですから、特別な技術や知識は全く必要ありません。お好きな植物を手軽に育て、楽しんでいただけます。
メンテナンスがラクなだけじゃなく植物にも優しいレチューザ。
ドイツ製のクオリティの高さをお確かめ下さい!

環境生活で取扱中のレチューザはこちら

この記事をSNSでシェア
Top