見た目だけで選んではいけないエアコン・クーラーの室外機カバー

西日の当たるエアコンの室外機

クーラー・エアコンの室外機カバーを外観だけで選んでいませんか?
でも室外機カバーの使い方によっては、冷房効率が悪くなり、かえって電気代がかかることも。

私はマンションに住んでいて、ほかの居住者が設置している室外機を目にします。
中には室外機に木製のカバーを取り付けているところも見受けられます。

室外機カバーはなんのために設置するの?

室外機カバーを設置する目的としては、おそらくエアコン室外機を人目につく玄関や廊下に配置しておくのがみっともないと感じ、エアコン室外機を覆い隠すことだと思われます。

そもそも室外機は、冷房の場合は外へ熱を逃がす役割を担っています。

室外機カバーを設置することにより、西日などの直射日光を遮ることができます。
それにより室外機の温度上昇を抑えられ、冷房効率を上げることもできます。
しかし室外機カバーによっては、カバーにより室外機の内部で熱がこもり、熱を逃がすことが阻害されて冷房効率がかえって悪化するおそれがあります。

室外機を覆い隠すため、デザインだけにとらわれて室外機カバーの選び方を間違ってしまったばかりに、冷房効率を下げ、かえって消費電力と電気料金が上がらないようにしたいものです。

室外機カバーのメリット、デメリットは

図:エアコンに使われるヒートポンプの仕組み。

室内機内部では圧縮された冷媒の圧力が下げられると室内の熱を奪い、部屋が涼しくなる。
冷媒を室外機で圧縮すると熱が出るため、この熱を逃がすことが冷房効率を上げる上で重要である。

冷房効率を左右する要因

同じ冷房機を使った場合、消費電力を左右するのは主にこの2つです。

  • 室外機の温度が低いこと
  • 部屋の設定温度が高いこと

※頻繁に電源ONを行うことによる高い電力消費は考慮していません。

室内と室外の温度差を大きくすればするほど、必要な消費電力がアップします。
そのため同じ28℃設定でも、外の気温が高ければ消費電力も高くなります。

また室外機に熱がこもったり、直射日光が当たったりして室外機の温度が上昇してしまいますと、より多くの電気エネルギーが必要となります。

冷房の効率をアップさせるためには、いかに室外機の温度を下げることができるかが重要となります。

室外機の温度を下げるには

では、どうやって室外機の温度を下げ、冷房効率をアップさせることができるのでしょうか。
室外機の温度を下げる3つの対策を紹介します。

今回グリーンライフのアルミ製室外機カバーASC-85Nを紹介します。
主な特長は、以下の三つです。

ヒートポンプ
」「逆カルノーサイクル

この記事をSNSでシェア
Top