サンキン物置 リード SK-90 一般地型施工事例

神奈川県横浜市青葉区S様サンキン物置 リード SK-90の施工事例と写真をご紹介します。

サンキン物置 リード SK-90 一般地型
サンキン物置 リード SK-90 一般地型


(お客様からのコメント)
雨水切りのため、やや全面側に傾斜しているコンクリ上に設置しました。
この後四隅にアンカーを設置しようと思っています。
(店長より)
おっしゃるとおり、当店といたしましては
傾斜や強風など様々な条件で転倒する恐れがある場合は、アンカー工事を強くオススメします。
S様はご存知かとは思われますが、下記にアンカー工事について記述しておきます。
今後物置を組み立てられるお客様はご参考下さい。
ご自分で組み立てる場合はセメント、砂、スコップなどが必要となります。

地盤が土の場合
物置の四隅に転倒防止適量のコンクリートが入る穴を掘り、アンカープレートをボルトに固定しコンクリートを打ちます。

地盤がコンクリートの場合

アンカープレートを物置の四隅に固定し、ドリルで掘った穴にオールアンカーで地盤を固定します。


地盤がタイルの場合
アンカー工事は地面に穴をあける必要があります。
タイル破損の恐れがありますので基本的にアンカー工事をお断りしております。
その他には、ワイヤー工事があります。
屋根の側面にワイヤー・バンセンを引っ掛け、物置近くのフェンスや手すりにワイヤー・バンセンを
引っ掛けて固定する工事です。
アンカー工事よりも転倒防止効果が薄れます。
ただ、ブロックの上の物置を載せるだけの
標準組立よりは、転倒防止効果があります。
今回納品させていただいた機種

【商品名】サンキン物置 リード SK-90 一般地型

S様、この度はご協力ありがとうございます。

<物置販売ページのご案内>
物置をお探しならコチラ>>

この記事をSNSでシェア
Top