[お客様組立]イナバ物置 シンプリー MJ-199Eの施工事例

神戸市北区在住のO様より「イナバ物置 シンプリー MJ-199E」の施工事例写真を頂きました:razz:

基礎工事
物置の基礎工事後写真




<お客様のコメント>
基礎工事をやっていれば組立は簡単

<スタッフより>
O様このたびは「イナバ物置 シンプリー MJ-199E」お買い上げありがとうございました:eek:
基礎工事をやっていれば組立は簡単
すばらしい基礎工事の仕上がりですね。
物置の組み立ては多くの場合
どうぞご活用下さい

<アンカー工事について>
転倒防止工事は、物置と地面をアンカーで緊結して、強風等による物置の転倒を防止する工事です。
強風など様々な条件で転倒する恐れがある場合は、アンカー工事を必ずするようにして下さい。
ご自分で組み立てる場合はセメント、砂、スコップなどが必要となります。

地盤が土の場合
物置の四隅に転倒防止適量のコンクリートが入る穴を掘り、アンカープレートをボルトに固定しコンクリートを打ちます。

地盤がコンクリートの場合
アンカープレートを物置の四隅に固定し、ドリルで掘った穴にオールアンカーで地盤を固定します。


地盤がタイルの場合
アンカー工事は地面に穴をあける必要があります。
タイル破損の恐れがありますので基本的にアンカー工事をお断りしております。
その他には、ワイヤー工事があります。
屋根の側面にワイヤー・バンセンを引っ掛け、物置近くのフェンスや手すりにワイヤー・バンセンを
引っ掛けて固定する工事です。
アンカー工事よりも転倒防止効果が薄れます。
ただ、ブロックの上の物置を載せるだけの
標準組立よりは、転倒防止効果があります。
<物置販売ページのご案内>
物置をお探しならコチラ>>

この記事をSNSでシェア
Top