イナバ物置の内アンカーとは?

イナバ物置の内アンカーとは?

物置の転倒防止(アンカー)工事のイラスト
物置を設置する際は、転倒防止のためアンカー工事をすることが必須となります。

アンカー工事とは物置と地面を付属のアンカープレートとアンカーボルトで固定して転倒を防ぐ工事を指します。

通常アンカー工事は物置の四方の外側に設置しますが、
イナバ物置は「内アンカー」といって、コンクリートの上に設置する場合は物置の内側から市販のアンカーボルトで固定が可能です。

イナバ物置内アンカー

これにより、通常アンカー工事の作業では壁との間に25cmほどの隙間を必要としますが、

物置の設置場所の目安

イナバ物置なら内側からアンカー工事が可能なため2.5cm程の隙間で大丈夫です。

ちなみにこの2.5cmとは、物置の屋根の出幅になります。