クラインガルデンで理想のラウベ(物置小屋)を手に入れよう!


クラインガルデンって何?

ドイツ語で「小さな庭」を意味するクラウンガルデン。

誕生してなんと200年もの歴史がある由緒正しい農地や菜園のレンタル制度のことです。

生まれた当初の目的としては、食糧難であった人々が野菜を自給できるように、また子供達が菜園で健康的な暮らしが出来るようにという福祉的な発想によって誕生しました。

今ではガルデナーと呼ばれるクラインガルデン利用者達が、オシャレで美しい、花々が咲き乱れる理想の庭を造り、美を競い合い、都市の緑化に貢献しているほどポピュラーな存在になっています。

日本でも、都市近郊に滞在型のレンタル市民農園として広がりつつあり、キャンセル待ちのブームとなっています。

実はこの記事を書くにあたり筆者の近所にも都営のクラインガルデンがあってびっくりしました。

ラウベって何?

クラインガルデンには一般的に「ラウベ」と呼ばれる簡易的な宿泊施設が併設され、寝泊りできるようになっています。

つまり農園を手に入れると同時にセカンドハウスまでついてくるのです。

憧れの農園とセカンドハウスを手に入れても、そこはレンタルなので身が重くなることはありません。

都会の実用的な生活と、田舎暮らしの心身充実の生活。

その両方を手に入れることが出来るのです。

二拠点居住生活のための物置小屋

都会で暮らし、週末は田舎で農業。

そのような二地域居住が、少しばかり生活に余裕が生まれた世代や、会社をリタイヤした熟年層を中心に人気を博しているのです。

物置専門店の「環境生活」では、そんなラウベにぴったりの木製物置小屋もご用意しています。


ログ風ハウス樹心里

シンプルホーム