物置の撤去から組立・転倒防止工事まで

実家の物置に別れを告げることになりました。

撤去から新物置の設置・転倒防止工事までをレポートさせていただきます!

実家の母から、そろそろ物置買い換えたい…との連絡。
物置をみると1995.07の表記が。26年前…?長い間お世話になりました。この家を建てた時から使用していたので、かなり古く、サビも凄いです。扉の閉まりも悪くなってきて、最近大雨や地震が多いので、不安が募ってきたところ。

今設置している物置のサイズと設置場所の状態・予定費用を確認。すぐに環境生活の物置のプロフェッショナルにご相談しました。するとすぐに「イナバのNXN-25Sが良いかと思います」との連絡が!母に確認し、扉の色を選んで購入!工事は6/19に決まりました。

施工当日

梱包された状態で届きます

天気は生憎の雨。工事までにやむといいな…と見守る中。

11:20

小雨になった頃に職人さんご到着。設置場所は土のため、地面が水を吸って柔らかくなるので、アンカー工事が少し緩くなるかもとのこと。雨の様子を見ながら作業開始です。

なんと職人さん1人で解体・組立全部対応して下さるそうです。今回購入した物置より3倍くらい大きな物置まではおひとりで対応されているとのこと。

解体スタート

設置場所の確認をしていただき、この時に物置裏に通れるスペースを確保してほしい旨をお願いしました。いよいよ解体スタートです。

11:40

まずは中の棚から。続いてドアが外されました。何も入ってないと広いです。下部のサビが目立つものの、中は思ったよりも綺麗。やっぱりイナバ。耐久性が高いですね。

続いて背板、屋根、横板が外され、枠も取り除かれます。最後に床板が外されて、撤去完了。

物置下からいろいろなものが発掘されました。古い物置はアンカー工事がされていなかったので、そのまま古いブロックも取り除いてもらいます。

整地

12:30

地面を均して、整地します。押し固め、きれいな平らに。
ブロックを仮置きし、床枠を置いて配置を決めます。ここで、お願いした物置裏のスペースの確認。位置が決定し、いよいよブロックが設置されます。

固定用のモルタルの準備。セメントと砂を混ぜ合わせ、モルタルを作ります。

13:00

ブロック下に穴を掘り平らに均し、砂利を敷いて砂利も平らに。モルタルで固定し、ブロックを固定。

ブロックも水平になっているかしっかり確認します。地面が雨を吸って柔らかくなっていることもあり、安定するようにしっかりと固定していただきました。

組立

13:40

床枠をブロックに乗せ、砂利等が見えないように土をかぶせます。柱を立てて、屋根枠を設置。

屋根板を載せていきます。背板、横板、床板を設置。

15:15

棚柱、棚板が設置された時点で、次は扉です。
標準で左から右側に開く引き戸ですが、逆側に設置可能とのことで、家屋に近い右側から左へ開く方向で設置をお願いしました。扉色はプレミアムグレーを選択。重厚感があって素敵です。

転倒防止

15:50

アンカー工事
物置の四隅に穴をあけます。アンカープレートを取り付け、モルタルを流し込み固定します。上から土をかぶせて完了です。

工事完了

16:30

組立・転倒防止工事完了!
完了後、鍵の受け渡しと、使い方の説明がありました。ブロックが片側深く埋まっているようですが、地面が斜めだったようで、ブロックの埋まり具合が左右で異なっています。もし雨の影響で物置が傾くことがあれば連絡すれば、再度確認していただけるとのこと。安心ですね。

物置の中に物をしまうのは、2~3日後にとのことなので、それまでにしまうものを整理する予定です。キチンと収納できるのが楽しみです!

※設置する地域により施工会社は異なります。また、設置場所の状態により必要な工事が異なりますので、今回ご紹介した手順・内容とは異なる場合があります。

今回設置したのはこちら

この記事をSNSでシェア
Top