マンションの廊下にある西日の当たるエアコン室外機
西日の当たるエアコンの室外機

クーラー・エアコンの室外機カバーを外観だけで選んでいませんか?
でも室外機カバーの使い方によっては、冷房効率が悪くなり、かえって電気代がかかることも。

私はマンションに住んでいて、ほかの居住者が設置している室外機を目にします。
中には室外機に木製のカバーを取り付けているところも見受けられます。

室外機カバーはなんのために設置するの?

室外機カバーを設置する目的としては、おそらくエアコン室外機を人目につく玄関や廊下に配置しておくのがみっともないと感じ、エアコン室外機を覆い隠すことだと思われます。

そもそも室外機は、冷房の場合は外へ熱を逃がす役割を担っています。

室外機カバーを設置することにより、西日などの直射日光を遮ることができます。それにより室外機の温度上昇を抑えられ、冷房効率を上げることもできます。
しかし室外機カバーによっては、カバーにより室外機の内部で熱がこもり、熱を逃がすことが阻害されて冷房効率がかえって悪化するおそれがあります。

室外機を覆い隠すため、デザインだけにとらわれて室外機カバーの選び方を間違ってしまったばかりに、冷房効率を下げ、かえって消費電力と電気料金が上がらないようにしたいものです。

室外機カバーのメリット、デメリットは

メリット
  • 室外機による景観悪化を抑える
  • 日陰を作り、西日などの直射日光を避けることができる。
デメリット
  • 室外機によって発生する熱がこもってしまう。

エアコンの室外機とは〜ヒートポンプについて※1

室外機は、冷房の場合熱を外へ逃がすためにあります。

みなさんがエアコンを購入すると、もれなく室外機もついてきます。新しくエアコンを設置する場合、室外機なしで購入することはできません。
これはエアコンは室内機と室外機のセットで冷暖房効果を発揮するからです。

エアコンを設置する際、室内機と室外機を接続する管に冷媒と呼ばれるガスを入れます。
冷媒は圧縮されると放熱し、膨張によって周りの熱を奪います。
エアダスターなどのスプレーを使い続けると缶が冷たくなるのはそのためです。

クーラーが部屋を冷やし、冷蔵庫が庫内を冷やすのは、ガスのこの性質を利用しています。
部屋の中でガスを膨張させて熱を奪い、室外で圧縮して熱を放出することによって、冷房ができるのです。

これを、熱を外に移動させる(掻き出す)ことから、ヒートポンプとよばれています。
逆に暖房の場合はこのヒートポンプを逆にまわすことで、冷たい空気を吐き出し、暖かい空気を部屋に送ります。

日本で利用されているほとんどの冷暖房機器は、このヒートポンプを採用しています。

ヒートポンプ

図:エアコンに使われるヒートポンプの仕組み。
室内機内部では圧縮された冷媒の圧力が下げられると室内の熱を奪い、部屋が涼しくなる。冷媒を室外機で圧縮すると熱が出るため、この熱を逃がすことが冷房効率を上げる上で重要である。

冷房効率を左右する要因

同じ冷房機を使った場合、消費電力を左右するのは主にこの2つです。

  • 室外機の温度が低いこと
  • 部屋の設定温度が高いこと

※頻繁に電源ONを行うことによる高い電力消費は考慮していません。

室内と室外の温度差を大きくすればするほど、必要な消費電力がアップします。
そのため同じ28℃設定でも、外の気温が高ければ消費電力も高くなります。

また室外機に熱がこもったり、直射日光が当たったりして室外機の温度が上昇してしまいますと、より多くの電気エネルギーが必要となります。

冷房の効率をアップさせるためには、いかに室外機の温度を下げることができるかが重要となります。

室外機の温度を下げるには

では、どうやって室外機の温度を下げ、冷房効率をアップさせることができるのでしょうか。
室外機の温度を下げる3つの対策を紹介します。

打ち水
室外機周辺に打ち水を行うことで、水が蒸発しますので、周囲の温度が若干低下します。
年の道路を覚ますために、打ち水を行うイベントも度々行われています。
風呂の残り湯をまけば、水資源のリユースにもつながります。

また、室外機付近にミストシャワーを設置することも有効です。

直射日光を避ける
直射日光によって室外機の温度が上がれば、それだけ冷房効率の悪化につながります。
日陰を作り、直射日光からクーラーの室外機を守ることによって、冷房効率がアップします。
風通しを良くする
室外機から放出された熱をいかに効率よく逃がすかで冷房効率を左右します。
室外機を風通しの良い場所に置くことで、室外機自身が発生した熱による室外機の温度上昇を抑えられ、冷房効率をアップできます。

室外機カバーに求められる性能

このことから、室外機カバーに求められるのがデザインだけではないことがおわかりいただけたかと思います。
では、どんな室外機カバーなら外観の改善と省エネルギーを実現できるのでしょうか。
先ほどの三つの対策を踏まえて、理想の室外機カバーを考えてみました。

直射日光を避ける
西側に室外機カバーが設置されている場合、西日による直射日光の影響が最も大きく、改善が必要です。
ただ、室外機の廃熱を阻害してはいけません。
そのため、天井だけでなく、正面にルーバーがついていて、直射日光を避けられる設計であることが望ましいです。
廃熱を促進する
室外機カバーの廃熱を促進するためには、内部で熱がこもらない構造であることも重要です。
アルミのような熱伝導が高いものであれば、室外機で発生した熱を外部へ逃がしやすくなります。
ノートパソコンやスマートフォンでアルミ製の筐体が採用されているのは、軽くて丈夫である上、熱を外へ逃がしやすいためです。

外観の向上、自宅の景観改善のためだけに室外機カバーを設置すると、冷房効率が悪くなります。
室外機の温度を下げる工夫で、冷房効率アップを実現できる室外機カバーで、省エネと電気代節約につなげましょう。

グリーンライフ×環境生活 アルミ製室外機カバー ASC-85N

室外機カバー 【グリーンライフ×環境生活】グリーンライフ アルミ室外機カバー 収納棚板なしタイプ ASC-85N  ※お客様組立品

今回グリーンライフのアルミ製室外機カバーASC-85Nを紹介します。主な特長は、以下の三つです。

アルミ製
アルミ製のボディは軽くてさびに強く丈夫なだけでなく、熱伝導が高く室外機内部で発生した熱を外へ逃がしやすくなっています。
またアルミ板に打ち水を行うことで、水が蒸発しやすく、冷却効果も期待できます。
可変式ルーバー採用
組立の際、前面のルーバーのついている面を表または裏向きに取り付けることにより、ルーバーの向きを斜め上、斜め下のいずれかにすることができます。
ルーバーの向きを上にすることで、外気のファンからの熱気を斜め上に逃がすことができます。
下向きにすれば、周囲を歩く人の目に室外機が入りにくくなります。
安価
ほかの室外機カバーに比べて安価であり、導入しやすくなっております。

※参考文献:「ヒートポンプ」「逆カルノーサイクル