鵠沼ビニトップ物語


yjimageCA33GMMR

海から自転車で戻って来た俺は、まず物置にサーフボードを仕舞い、シャワーを浴びてから、素肌にアロハを引っ掛け、庭に置いたリクライニングチェアーに横になった。

鵠沼海岸からの潮風を浴びながら、ハワイの地ビール「コナビール」を味わう幸福な時間・・・。

yjimage

つまみは、以前、マウイ島で、食べて感激し、見よう見まねで作ってみた「アヒ ポキ」。

250px-Ahi_poke_hawaiian-style

生の鮪を、玉葱、薬味葱、塩、胡椒等で味漬けした、シンプルな料理である。

だが、これが実にビールに合うのだ!

自宅に植えた椰子の木が、小さな庭に濃い影を作り始める。

キッチンで妻が茹でるロブスターが、野趣溢れる香りを運んで来る。

サーフィンが趣味の為、自転車で10分位で、海に行ける場所に買った一軒屋。

塩害で、自転車のホイルは錆びてしまったが、ガルバリウム鋼鈑を使っている「ビニトップ物置」には、全く錆が浮かんでいない。

viny-m

そろそろ丁度良い具合に酔いが回って来た様だ。

なんだか、無性に歌いたくなって来た。

俺は、再び気持ち良い程滑りの良い物置の扉を開け、無造作に仕舞ってある、俺のサーフボードや、息子のスタンドアップパドルサーフボード、妻のクリアカヤック等の奥から、やっとウクレレケースを引っ張り出した。

それにしても、なんてたくさんの荷物を収納出来る素晴らしい物置だろう・・・。

ウクレレを爪弾きながら、「Kaimana Hira」を口づさむと、心は、時空を飛び越えて、カラフルな熱帯魚達が、足元で群れていた、あのオアフ島のハナウマ湾へと旅立って行く。

300px-Hanauma_Bay_Oahu

気が付くと、妻が曲に合せて、フラを舞っていた・・・。

俺は2曲目の「Ka Nohona Pili Kai」(原曲は「涙そうそう」)を歌い出した。

yjimage

この幸せな時間がいつまでも続くことを願いながら・・・。

ビニトップ物置キャンペーン案内はコチラ>>
※こちらのキャンペーンは終了しております。