タクボ物置 Mr.ストックマン 組立レポート

タクボ物置 Mr.ストックマン組立レポート

小型物置は素人でも組立てられるようだけど、中・大型物置って組立は難しいの?? 自分でもできるかしら?!

大きな物置を組立てる機会はそう多くはないので、不安もありますよね。

一方で、お客様から寄せられた施工事例では、ご夫婦で組立てられたという事例もたくさんいただいています。

そこで!環境生活のスタッフ夫婦も、実際に中・大型物置の組立にチャレンジしてみました!

タクボ物置 Mr.ストックマン組立スタッフ



タクボ物置 Mr.ストックマン特徴



タクボ物置 Mr.ストックマン組立レポート

今回組立てた中・大型物置はこちら!



中・大型物置で高品質・組立しやすい設計の【タクボ物置 Mr.ストックマン ダンディ】シリーズ。


タクボ物置 Mr.ストックマンND-2015

タクボ物置 Mr.ストックマン ダンディ
ND-2215

事前に用意する道具



組立てに用意する道具画像



大きい物置ほどネジ止め数が多くなるので、電動ドライバーがあるのとないのとでは所要時間と労力に大きな差が出ます。

角度的に電動ドライバーが入らない狭い場所、見通しが悪い場所(背面外側など)、自分の背よりも高い場所は、 電動ドライバーよりドライバーの方が便利です。

ネジは袋から出すと転がってしまうので、容器を用意すると便利です。
立ったまま組立説明書が読めるよう、マグネットで柱に貼りつけることにしました。

梱包状態


梱包状態画像



2215型のすべての梱包です。最低限、どのくらいの保管スペースが必要になるか、2列に並べてみました。
組立作業に入る前に、使う順に梱包を並べかえておくとスムーズに作業ができます。

部品箱の中身チェック


部品箱の中身チェック画像



組説に従い、必要な部品がすべて揃っているか、部品箱の中身を出して確認します。
ビスは全部で3種類あって使い分けるのだということも察します。

組立開始


@床枠〜コーナー柱の組立

床枠組立画像



出だしから、似た部材に戸惑う2人・・・
四隅をジョイントするL字部材が似ていて、よく確認せず無理に取付けてしまい、やり直す場面もありました。

「扉のレールの置き方、逆向きじゃない?!」

危うく、完成しかけの段階まで進んで解体する羽目になるところでした。
四隅のコーナー柱の取付けは、まっすぐ取付けないと次の工程に影響してしまうので、ここは2人で作業です。
柱が垂直になるよう1人が支え、もう1人がネジ止めしていきます。背面側、壁が邪魔してネジ止めしにくい…!
壁から少し離して配置しておいてよかった・・・!


A上枠、左右化粧版、中間柱の組立

上枠組立画像



前後の上枠は重くて、一人で頭の高さまで持ち上げるのはきつい!ここは2人で慎重に作業するのが安全です。 正しい位置にはめこまないといけないのですが、頭より上の位置で見えにくいので、ちょっと手間取ります。
重いけど、頑張ってリトライです。
電動ドライバーが入らない狭い場所・背面外側で見通しが悪い場所・自分の背よりも高い場所など、 位置によってはドライバーで手作業した方が都合がいい場合も。

B床パネル・屋根パネルの組立

床パネル屋根パネル組立画像



屋根パネルは大きく重いので、2人で協力します。
内側から上向きにねじ止めするのが一度でうまくできず、一度緩めて締め直したり、手間取りました。

C壁パネル・前壁パネルの組立

壁パネル組立画像



壁パネルはネジ止め箇所が多いので、電動ドライバーが大活躍!
単純作業でも気を抜くとネジが上手く入らずやり直したり、途中で電池切れのハプニングがあったり…

D前化粧板・軒樋・段差カバーの組立

前化粧板組立画像



段差解消スロープのネジ止め(電動ドライバー)は、ゆっくり慎重に、まっすぐ!
軒樋は背面側、塀側に建てていて作業スペースが狭く、背丈より高い位置なので難所です。脚立も使います。
※たて樋(軒樋から地面に雨水を逃がす樋)の組立は、今回は割愛しました。

E扉の組立・扉の取付〜扉のたてつけ調整

扉組立画像 width=



ストップ金具の取付けは、上に向かってネジ止めするのは困難なので、扉を床に寝かせたほうが作業しやすいです。

F棚支柱・棚板の取付け、完成!

完成


タクボ物置 Mr.ストックマン完成画像


タクボ物置 Mr.ストックマン完成画像


タクボ物置 Mr.ストックマン ダンディ ND-2215 商品ページへ>>

タクボ物置 Mr.ストックマン ダンディシリーズへ>>

▲このページのトップへ

page top