物置の購入から設置工事まで!


  • 物置を上手に選ぼう!

  • 購入前のチェック事項

  • 組立てるにはどうするか?

  • 物置の組立方法は以下の2通り!

    物置を自分で組立てる場合(DIY)

    ■納期は1週間前後です。
    ■設置工事費用がかかりません。
    ■組立説明書は付属しています。

    組立て難易度の目安

    小型物置は1人でも簡単 中・大型物置(3m以下)は2〜3人必要 中・大型物置(3m以上)は上級者向け シャッター物置はプロレベル

    物置をDIYしたお客様の施工事例
    物置をDIY(お客様組立)されたお客様の施工事例はこちら>>

    ※上記はあくまで目安です。DIYのレベルには個人差がございますので、物置の自作はお客様ご自身にてご判断下さい。

    物置組立で準備するもの

    軍手、ドライバ、ブロック、スパナ あると便利なもの 水平器、電動ドライバ、脚立

    イナバ製やヨドコウ製、タクボ製、ダイケン製の一部機種には小さいですが水平器やドライバーなど必要な工具は物置本体に付属しています。

    自作組立のコツ

    地面をしっかり固めて、水平器で水平に!

    @設置場所の下地が土の場合は、地面に飛び乗って地盤を固めて下さい。きちんと整地しないと物置に物を入れた際に地面が沈んだりします。

    A物置の水平出しがしっかり出来てないと、扉が開きにくくなったりする原因になります。土台は水平器を利用してしっかり水平を保ちましょう。

    準備するもの

    ドライバー1本で簡単組立て、タカヤマ物置インパクト タクボストックマン組立レポート

    当店に設置工事を依頼する場合

    ■納期は2週間前後です。
    ■組立工事費がかかります。
    ■専門の職人による施工のため安心です。

    組立工事って何をするの?

    1.物置本体の組立作業
    物置本体の組立作業

    当店委託の職人がお客様の物置を持って組み立てにお伺い致します。

    2.転倒防止(アンカー)工事
    転倒防止(アンカー)工事のイラスト

    物置本体と地面をアンカープレートと呼ばれる部品で固定する工事です。

    転倒防止工事は下地によって3種類の施工方法がございます。

    転倒防止工事はお客様の判断にてお願い致します。

    当店としましては、転倒防止の安全上推奨しております。

    3.レベル調整費(※傾斜地の場合)
    レベル調整費(※傾斜地の場合)のイラスト

    設置場所が傾斜地の場合、物置本体を水平に調整します。
    傾斜レベルが5cm以上ある場合は事前にお見積もり下さい。

    工事を依頼する場合の注意点

    「お客様組立て」の商品は対応しておりません。

    の表示がある物置は、お客様ご自身で組み立てて頂くか、お客様にて施工業者を手配して頂く形になります。

    ベランドや屋上は対応できません。
    ベランドや屋上は対応できません。

    当店では安全面の配慮の為に、ベランダやバルコニーなど上位階への設置を控えております。原則、一階平場で下地が土またはコンクリート上が条件になります。

    雨の場合は工事を中止する場合がございます
    雨の場合は工事を中止する場合がございますのイラスト

    無理に工事を行いますと、工事後施工品質に問題が生じる可能性があるためです。何卒ご理解を頂きます様お願い致します。


    組立工事対応可能な物置一覧はこちら>>

    ▲このページのトップへ

    物置の基礎工事についての注意点!

    安全のため物置の基礎には転倒防止工事(アンカー工事)を必ず行ってください!

    アンカー工事は物置と地面をアンカーで締結して、強風等による物置の転倒を防止する工事です。アンカー工事をしないと、物置本体が基礎ブロックからはずれ転倒の原因になります。必ず付属のアンカープレートで物置の四隅を固定して下さい。 転倒防止(アンカー)工事を場合DIYする場合の手順
    下地が土の場合
    1.物置の四隅に穴を開けます。
    2.物置にアンカープレートを取り付けます。
    3.穴にモルタル等を流し込みます。
    下地がコンクリートの場合
    1.アンカープレートを物置の四隅に固定
    2.ドリルで掘った穴にオールアンカー(市販)を埋め込み地面を固定する。
    下地が土の場合準備するもの
    シャベルで物置の四隅に穴を開け、スコップで作ったモルタルを流し込みます。
    下地がコンクリートの場合準備するもの
    オールアンカーはホームセンターなどで事前に購入しましょう、ドライバはオールアンカーを 打ち込みに必要です。
    ネット実績No.1!工事は当店にお任せください!

    ▲このページのトップへ