「物置情報」カテゴリーアーカイブ

フォローするなら今!超お得キャンペーン定期開催中

こんにちは!
突然ですが、環境生活のツイッターアカウントをご存知でしょうか。
永い眠りについていた環境生活のツイッター。数か月前に、ツイッターを駆使せよ!とのミッションを受け現在のんびりつぶやき中です。(のんびりでいいのか)

環境生活 Twitterをフォローするメリット3つ

超お得キャンペーンとかやってる!

ツイッターキャンペーン

超お得キャンペーン第一弾! ※現在終了

第一弾はJTBナイスギフト5000円が当たる太っ腹キャンペーンを開催!たくさんのご応募をいただきました。
今後も皆さんに楽しんでもらえるようなキャンペーンを開催予定です!

今回当選された@MaiH1215 様

環境生活で扱う様々な商品の情報をお届け!

100人乗ってもほんとに大丈夫!私も乗りました!

無言で気まずい時に、ちょっと重宝する雑学なんかもお届け。イナバ物置のCMには若かりし日のきみ〇〇さんがでていたんだなぁ~

あとはひたすらゆるいつぶやき。

食いしん坊丸出し。

環境生活Twitterをのぞいてみる

【締切迫る!】胸熱!5/18(土)タクボ物置が初の工場一般公開!

長期連休からのお仕事モードへようやく戻りつつあるわたしです!新緑の季節って日差しがきらきらして、気分もあがりますよね!

突然ですが、愛媛県にお住まいのあなた!超ラッキー!
東予東部エリアお住まいだともっとラッキー!
東京住みでもJRを利用すれば約5時間30分で到着可能なのでちっとラッキー!
またGW気分に戻れそうなビッグイベント”さんさん物語”開催にあたり、タクボ物置でお馴染みの田窪工業所がスゴイことをしちゃうというお知らせです!

えひめさんさん物語ってご存知ですか?

新居浜市・西条市・四国中央市を舞台に11月まで開催されるエリア初の復興イベント。
3都の魅力をふんだんに楽しめるイベントになっています。

三都を巡る、きらめくモノ・コトさがし

愛媛県新居浜市・西条市・四国中央市の3市の地域資源を活用し、新しい魅力となるアクティブライフプログラムに成長・発展させることを目指します。
3市それぞれの自然や歴史、文化と繋がり、他では実現できないプログラムになっております!イベントを彩る6つのプログラムについては、下記のチラシデータをご覧ください♪
また、3市で実施されているイベント、各種祭り等の連携を行う「連携プログラム」や、地域住民、企業・団体等の方と作る「チャレンジプログラム」も実施します。
この機会に、是非、新居浜市・西条市・四国中央市の街に散りばめられた、豊かな魅力を感じ、発見・発信してください。

引用:いよ観ネット

6つの物語プログラム

この復興イベントには6つもの物語があり、月ごとに開催されています。

  1. 5月 ものづくり物語
  2. 7月 子どもの物語
  3. 8月 水の物語
  4. 4月~11月 山の物語
  5. 10月 あかがね物語
  6. 11月 紙の物語

この5月には”ものづくり物語”が開催され、”日本最大級の工場芸術祭!アーティストinファクトリー”としてものづくり企業×アーティストのコラボレーションを実現!個性豊かなアーティストがものづくり企業に滞在し、新しい視点からものづくりの魅力を発見しちゃいましょうよ!というとっても大胆なプログラムとなっています。
詳しくはこちら

タクボ物置がアーティストとコラボ!

愛媛県西条市に工場を構える、田窪工業所ももちろん参加しています!
今回は美術作家の竹﨑和征氏を迎え、何やらおもしろそうなことをしているみたいですよ!

こちらが作業中の竹﨑氏

作品概要いつか友人が「地球上の全てのものは古来からほとんど地球外に出ていない」と地球の循環の話を語ってくれたことがあります。雨が降り、山が水を、土地を潤し、海に流れ、空に変える。加えて、空気の流れ、光の溜まり、人の世界。滞在制作を通じて、「西条」はそれらが同じ視野に存在する稀有な土地だと感じました。アーティスト in ファクトリーでは、土地を取り囲むものの色から影響を受け、作り上げたものを景色に返すような作品を目指します。当日は田窪工業所による工作体験も開催されます。

引用:アーティスト in ファクトリー

タクボ物置を代表するMr.ストックマンが大胆にカラーリングされています!
社員のみなさんも「初の手塗り!」ということで楽しそうに作業をなさってました!
その動画がこちら!

初の一般公開!田窪工場見学を開催!


昨年創業73周年を迎えた田窪工業所。
こんかいのえひめさんさん物語に協賛するにあたり、
初めて工場を一般公開しちゃうとのこと!
実は長い歴史がある中で工場見学に一般の方をお招きするのは初めてなんです!
初の一般公開、この機会を見逃したら次はないかも…!?

事前予約が必要になりますので、ご希望の方はこちらから!
5/13(月)まで!急がねば!
注意時点などもありますので必ずお読みくださいね。
田窪工場見学を予約する

実はわたしも田窪工業所の工場見学に1度お邪魔させていただいたことがあります。
〇〇を超精密にカッティングして作られたアレがすごかったんだよなぁ~
そして個人的に皆さんに見てほしいのはオリジナルプリントされたドアの塗装技術!これは本当に凄いです!なかなか他メーカーではお目にかかれない製法かもしれません。
その精巧な田窪工業所の技術を是非、あなたの目で見届けてくださいね!

ご家族みんなで、田窪へ行ってこーわい!

ガーデンエクステリアメーカーが発信するタブロイド紙、410(シテン)ってなに?

長かったGWも終わり、初夏の日差しが眩しく心地のよい日が続いていますね。
気持ちの良いお天気のなか、ガーデニングやアウトドアを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

今回はガーデンエクステリアメーカー、ユニソンの鷲津氏に伺ったユニソンが発信するタブロイド紙”410(シテン)”について触れてみたいと思います。

ところでユニソンってどんな会社なの?

愛知県豊田市で産声を上げる

1962年に愛知県豊田市にて高岡ブロック工業所として創業、
その後、コンクリートやレンガの製造・販売を開始し、
今日では宅配ボックスやポスト、門柱水栓柱ガーデンライトに至るまで幅広く展開しています。
環境生活では”宅配ボックス コルディア””ヴィコ”がおなじみとなっています。

インテリアのようなカタログが素敵!!

 

そんなユニソンの思いとは…?

前述の宅配ボックスや郵便ポスト、庭や公園・広場などで使われているコンクリートブロックやレンガ、舗装材などの企画、製造、販売を通して、美しい景観と安心して暮らせる社会に寄り添い、暮らす人々がやすらぎや楽しさを感じ、自然と調和した住空間を創っていきたい、という気持ちがコーポレートサイトからヒシヒシと溢れ出ています。

出典:ユニソン

そんなユニソンが贈る410(シテン)とは

 

詳しく、ユニソンの鷲津氏より伺いました!支点。それは自分自身との、
もしくは、ほかの誰かとの調和。
視点。それはモノゴトの捉え方。
始点。それは何かのはじまり。
人はシテンの置き方で、
生き方をかえることができる。
世界には、いろんな人がいて、
いろんな考えや価値観がある。
何を見聞きし、どう受け取るか、
どんな仲間とつながるか、
どうやって社会と関わるか。
多くのモノやコトにふれるなかで、少しずつ
自分のモノサシを探し当てていけばいいと思う。
焦らずに。じっくりと。心に軸を据えてまっすぐ暮らす。
そんな人々をご紹介することで、
あなただけのシテンを見つける
お手伝いをしていきたいと思います。

とっても深いです。
わたしやみなさんが持っているシテン、みかたや受け取り方、「人はシテンの置き方で、生き方をかえることができる」ということを伝えたいのではなでしょうか。
シテンを変えること、わたしも大切にしていたいことの1つでもあります。
いつだって目に見えるもの、だけではなく角度や感覚を変えた”シテン”で物事を見ることってとても大切ですよね!

410(シテン)、ここから読めちゃいます!

ちょっと興味が湧いてきませんか?
一体、どこに置いてあるの?

全国各地に配布していますので是非探してみてください。
自分らしい生き方・考え方が見つかるきっかけになりますように。

引用:ユニソン

そんな想いの詰まったで情報を発信しているメーカーである株式会社ユニソンが開発した環境生活取扱商品も様々な410(シテン)で見てみると新しい発見があるかもしれません。

「みつからないわよ!」

と思ったあなた。
大丈夫、わたしのようなせっかちさんのために
「410(シテン)」のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。
VOL.1リビルディングセンタージャパンの東野唯史さん & 東野華南子さん

VOL.2 しぜんの国保育園 理事長/作曲家齋藤紘良さん:町田 しぜんの国保育園 園長/齋藤美和さん

現在は、WEBデザイナーから一転、パンと日用品の店「わざわざ」を1人で開業された株式会社わざわざ 代表”平田 はる香”さんの特集が組まれています。
残念ながらまだWEBでは読むことが出来なさそうですが、「410(シテン)」マガジンを実際に手にとることの出来ない方は、バックナンバーまでお楽しみに!

詳しくはこちら

最後に

”シテンを変えれば世界が変わる!”
今回の記事を書きながら、そんなことを学んだ気がします。
シテン・シコウの角度をちょっぴり変えてみるだけでもっと豊かな日常を送れちゃうかもしれませんね!

わたしの個人的なイメージではユニソンはとっても素敵なHPを持っているメーカーさん。
業界によってHPの色は様々あるなかで、エクステリアというよりインテリアのようなおしゃれさを感じます。
見ていて飽きない、そんなデザインのHPになっています。
あぁ、わたしもそんな風に思われるサイトを作りたいっ!!

是非一度、ご覧になってみてくださいね。
ユニソンHPはこちら
ユニソンの取扱はこちら

100人乗っても本当に大丈夫!あの秘話に迫る!

「100人乗っても大丈夫!」

誰でも1度はこのフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?
そう、かの有名なイナバ物置のキャッチコピーですね!
物置といえば”イナバ物置”を連想する方も多いのではないでしょうか。

今回は友人とのランチ時、家族だんらんのひとときに、無言で気まずい時に、ちょっぴり重宝する、話したくなる、今のCMになるまでの秘話をご紹介します。

Q.あのCM、本当に100人乗ってるの?

A.乗っています!

やっぱりイナバ!さすがイナバ!
100人乗っても大丈夫!のコピーに偽りなく、ちゃんと100人乗っているんです!
今年のポスターで100人乗っているのは、イナバガレーディア
真ん中の白いジャケットをお召になっている方が稲葉製作所の稲葉明社長。
ということは周りに座っている方たちは役職順?と思ったあなた!

実はこの方々、イナバ物置を取り扱う代理店の代表で、座っている位置が営業成績を表しているんですって!
社長を真ん中に左右と真後ろの方がトップ3、でそこから4位,5位,6位…と座っているといいます。
こうすることで競争原理が働いて”一生懸命に売上を上げよう”という気持ちを刺激しているんですって!見事に心理をついているんですね。
ここに上りたくば”厳しい売上競争を制すること”が必要なんですね、知らなかったー!
法被の色も3色と決められ、色は毎年変えているのだそう。

アノ人が出ていた!?イナバ物置の初期CM

今でこそすっかり定番になった”100人乗っても大丈夫”のCMですが、当然、初期から今の形が確立されていたわけではないんですね。初期の1980年ごろに放送されていたCMは全く違うものだったんです。

さっそく見てみよう!


ギャル!?
ギャルがわらわら集まってきて…
「稲葉社長~!」
満を持して稲葉社長登場!

棚板に寝そべるギャル!

このときから屋根に乗るスタイル!

そして気になるこの男の正体とは…!

それではご覧いただきましょう!

これがイナバ物置の初期!

いかがでしょうか。
今とはかなりイメージの違うCMになっていますね!
まず、おじさんじゃなくてギャルです。キャピキャピです。
今でこそデフォルトで棚板がついているイナバ物置ですが、販売当時、棚板はオプション品だったため、その強度を知ってもらおうとギャルを寝そべらせんですって!
棚板×ギャルのコラボレーション!その効果、バッチリだったのではないでしょうか。

そして忘れちゃいけない、”い”のうちわを持ったこの男性!
みなさまご存知、実は若き日の綾小路きみまろ氏なんです!面影、ありますね。

そしてある日、
「ガレージの上に100人乗せてみよう!」
という先代が発した突拍子もないアイデアがきっかけとなり、
今の”100人乗っても大丈夫”のフレーズが誕生し、今もなお、皆さんの耳に残るキャッチフレーズとして有名になったというわけなんですね。

~稲葉なこばなし~

ヤクルト→日ハムへ移籍し、その両チームでも優勝経験のある、元名選手にして侍ジャパンの監督、稲葉篤紀氏。
実は稲葉監督、イナバ物置のCM出演を熱望しており、関係者や報道陣に猛アピールを繰り返すも、とうとうオファーは来なかったそう。稲葉監督でも代理店へ転職して好成績を残さなければ、夢は果たせない、というシビアな世界なのかもしれません。ハードル高し、イナバの100人!
がんばれナッパ!負けるなナッパ!
出典:gaora.co.jp

ギャルときみまろを起用していた過去CM、
物置に100人乗せてしまう発想から生まれた”100人乗っても大丈夫”の有名フレーズ。
稲葉製作所のCM秘話に触れて、わたしの雑学が潤ったのは言うまでもなく、明日の商談時、上司との気まずい移動中、まだ気心しれないニューフレンドとの雑談時をちょっぴり潤してくれる、かもしれません。

イナバ物置各シリーズはこちらから

秘境で見つけた物置のちょっといい話

時々、都会の喧騒から離れて、なぁ~んにも考えずに
静かなところでぼーっとしたくなる衝動、ありますよね。

今回はそんな衝動をも抱き込んでくれそうな、北海道は宗谷本線上、広々とした牧草地帯にある小さな駅”糠南(ぬかなん)”にある小さな小さな待合室のお話です。

糠南(ぬかなん)駅って?


ある日本の最北端、稚内から1時間46分のところに位置する糠南駅。板張りのホームと物置で作られた待合室のある、いわゆる”秘境駅”の1つ。

出典:ほろのべ

現在では1日1本、1両が走っているとのこと。
簡単には行きにくいからこそ、秘境駅と言われる由縁になっているのでしょう。周りは壮大な草原が広がっています。
すでにご存知の方も、いま気づいた方もいるかと思いますが、この待合室、物置なんです。物置をぺいっと設置して待合室として使用しているのです…!

その正体はヨド物置”あぜくら”

開業当初、この待合室は木造で出来ていたそうですが、昭和62年の台風により破損してしまい、同年に住民の要望で設置されたのが現在の物置待合室なんだそう。

“あぜくら”は昭和45年~平成14年に販売されたなんとヨド物置第1号商品!商品名にもなっている校倉(あぜくら)模様をモチーフにしたデザイン、丸い柱、鮮やかなカラーリングの屋根がポイント。

当時のあぜくらカタログ画像
今見るとなんだかおばあちゃんちのような、ホッとする懐かしさを醸し出していますね。

残念ながらもう現行販売はされておらず、現在ではデザインを一新し更に耐久性の高い”エルモ”として生まれ変わっています。

設置から約30年、”物置待合室”に起こった異変

設置されたあぜくらは地元の方々を始め、大切にされていましたが時が経つのは残酷なもので物置待合室”あぜくら”にもガタが目立ち始めます。

それもそのはず、設置から30年近く、通常物置の寿命は長くて20年程、さらには雪国という環境下で寿命以上に頑張っていたのだから当然といえば当然です。

扉の立て付けが悪くなり開閉が困難になったり、通気口の破損が見られるようになってきます。

その時、立ち上がった男たち

そんな様子が2017年にテレビで放映され、偶然にも当時の淀川製鋼所の社長がその様子を見ていたことがきっかけでことは動き出します。

「糠南駅のあぜくらを直しておいでなさい」

という司令が北海道の営業所へ通達されます。
司令を受けた担当の方はすぐに現地へ確認に向かうのですが、すでに廃盤になっていた”あぜくら”。

わたしの推測に過ぎませんが、部品や扉まで、もしかしたらこの待合室のために、特別生産され設置当時の状態を再現されたんじゃないかな、と。
雪深い糠南駅へ数回に渡り足を運んだ当時の担当者の方も容易ではなかったであろうことが想像できます。

糠南駅のある幌延町(ほろのべちょう)の公式HPではこのときのことを”感謝感激です”と綴っています。


修繕作業の様子

出典:ほろのべ

息を吹き返した糠南駅の物置待合室

こうして扉の開け締めもスムーズになり、通気口も交換され物置待合室”あぜくら”は快適に使用してもらえる”待合室”へと復活を遂げました。


修繕された物置待合室”あぜくら”

この待合室の中には時刻表や、雪かき道具のほか、カゴをひっくり返して座布団が置かれただけのワイルドなのに、どこか人の温かみを感じる椅子が設置されています。定員は2名まで、といったところでしょうか。座ってみたいなぁ。

現役で佇んでいる糠南駅の待合室物置には淀川製鋼所の社長様の粋なはからいと修繕を担当された方の尽力があったおかげで、今でも地域の方や糠南駅愛好者の方々の手によって大切にされています。
あえて新品を贈るのではなく、長く親しまれた”あぜくら”を修繕するという姿勢、そこに惹かれる、憧れる!!

”物置駅”として親しまれている糠南駅には淀川製鋼所の皆様による、素敵な秘話があったのでした。

最後に

いかがでしたでしょうか。
北の荒野に佇む物置待合室”あぜくら”のある、糠南駅にまつわるちょっといい話をご紹介させていただきました。
実はこの糠南駅、すごいんですよ、これだけではなく他にも数々の伝説を生んでおり、

2015年12月 -20℃!?極寒のクリスマスパーティー

鉄道愛好家の猛者が-20℃の早朝にクリスマスパーティーをしよう!とチャレンジ企画を開催。第1回目に大成功を収め、翌年からはなんと町の全面協力の元、開催されているんだとか!
2017年2月 ぬかにゃん誕生!
一般公募された”秘境駅キャラクター”コンテストが開催され、糠南駅の”ぬかにゃん”誕生!

ねこキャラには目がないんだよなぁ。かわいい。

などなど、秘境駅糠南はわたしの地元の駅は及ばないほど盛り上がりを見せています。
恐るべし、秘境駅!

単純なわたしは糠南駅の”あぜくら”に会いに行きたい気持ちと同時に物置はただ物置としてだけではなく、アイデア次第で待合室や休憩室みたいに使えるよ!ということを教えてくれているとってもいいケースだと感じました。
一言で物置といっても多様性はあなどれないですね!

今年で環境生活3年目のわたしにも、物置愛がすこしずつ育まれている予感を感じた春なのでした。

あぜくらの後継機種
エルモはこちら